ブログ 付け焼きBar

たいしたことは描いてません。でも無断での引用(盗用、剽窃)は許しません

M-1新たな基準を設けるべきか?の件

みなさん、おはようございます。

今年は例年になくM-1を最初か最後まで見て、さらにはGYAOの配信まで見てしまいました。

その後の打ち上げは流石に寝ましたが。

 

さて、その感想についてなんですが

まああちこちで記事になったら炎上したりしてるようで、

十分に出遅れているのですが、お金儲けでこのブログをやってるわけではないので別にいいです。

 

誰がおもしろかったかは、笑いのツボも個人差があるので、言いません。みんなおもしろかったでーす。

 

で、何を書きたいかというと、15年という年数制限はどうなのかと。

M-1当初の裏テーマとして、

「10年やってあかんやつは辞めろ」

ってのがあったわけでして、

それを15年に伸ばしたところでチャンスは多くなるとは思いますが、食えないやつは食えないわけです。

それと、今回で言えばトム・ブラウン以外はそこそこ食えてるわけでして、M-1という称号がなくても一発屋のように大きな沈みはおそらくないだろうという面々ばかりでした。

番組としては華があるし、視聴率的にもよいとは思うのですが、

今回の霜降り明星が若手で優勝したように、若手のまだ無名なコンビが一夜にして夢を掴む的なのがやっぱりM-1の醍醐味なのではないかと思うんです。

注:霜降り明星はバイトしてないので最低限以上は食えてます。

 

M-1という賞レースがあまりにも大きくなりすぎて、

その優勝という称号が漫才大賞のようなステイタスになってしまってるんですね

ビジネス的な面では仕方ないのかとは思いますが、もう一度爆発力のあるM-1を見てみたいなあというのが私の思いです

 

そこで提案。

年数制限は15年で置いておくとして、

年収制限をするのいうのはどうでしょうかね。

かつてのサンドウィッチマンのように、売れてはないけど、面白い漫才師はたくさんいるわけで、そんな人たちが決勝で戦うのはかなり見てみたいです。

10組が10組とも知名度がないM-1、制作サイドは生きた心地がしないでしょうが。

 

と書くとキングオブコントは、割とそうだよねとか、The Wの押し出しましょう子とか言われそうですが、

いまの漫才で、勢いのある漫才というのはなかなかコントには敵わないと思ってます。

キングオブコントでブレイクしたバイきんぐやにゃんこスターはやはり勢いのあるネタでしたし、優勝しても思い出せない芸人さんは面白いけど勢いがないというのはあると思いますね。

 

ちなみに、押し出しましょう子は論外ですので念のため。

で、少しだけWに言及しておきますと、

今年の注目はあぁ〜しらきでしょう

地下芸人としてカーボーイに出演した時はとんでもない下ネタで、笑えるけどドン引きでしたので、地上波でどんなネタやるのか楽しみであり怖くもあります。

 

とにかくですね、今回のM-1はワクワク感が少なかったということですね。

敗者復活もミキだったし。

そんな感じ。

 

引き続きよろしくお願いします

ゴーン事件の件

なんでしょうねえ。

たしかに大きな事件ではあるのですが

結構もやもやしちゃいます。

 

会社の中のガタガタなんだから、社内の政治でやれよというのが正直な感想で、

逮捕までしなければいけない事件だったのかが甚だ疑問です。

もちろん、ゴーン氏が悪いことしてなかった訳ではないとは思うのですが、

取り調べの対応も含めて国際問題にまで発展してしまいそうで、そんなリスクまで犯してやることだったのかというのが疑問です。

その辺りは郷原氏がきちんと書いてるのでググってください。

 

もう一つもやもやするといえば、

病院に行くことがあり、テレビでNHKがかかってて、この事件のことをゴーンすげー悪いことしたって感じでやってるわけですが、

その辺にいるおじいちゃんおばあちゃんは、洗脳されまくりで、ゴーン悪いやつという言葉が飛び交うのはもちろん、

そもそも外人を社長になんかしなくてもいいんだ的なことまで飛び出す始末。

 

 

社内でやれよとしか。

 

B層とかそんなことは言いたくないのですが、

意外と国民の洗脳は簡単なんだなとも思わされました。

 

 

イッテQ ヤラセ疑惑の件

こんにちは!

タイトルを見てわかるように、アクセス稼ぎのエントリーです!

 

ここまで見てくださってありがとうございます。

 

さて、本題。

文春の記事と日テレ広報のコメント、あとちょいちょいくらいしか情報がないのですが、

印象として、番組と現地との間で動いてるコーディネーターがなんか握ってそうです。

 

現地の偉いさんたちは、

「そんな祭り知らねーよ」

日テレは

「現地からの要請うけて」

という真っ向勝負。

 

どっちも自信があるとすれば、現地にくわしいコーディネートしたやつと、現地の一部の儲けたいやつが結託してなにかをした可能性が出てきます。

 

現地の山師のことなんてラオス当局は感知してないだろうし、日テレもコーディネート会社が現地との繋がりの中で持ってきたネタということで、それほど疑うこともないでしょう。

 

ただ、情報では、もともとあるイベントの片隅でやってるアトラクションにボールを加えて派手にしたということで、

これが本当だとすると、日テレも知ってた可能性があります。

日テレと書くと主語が大きいですが、プロデューサーレベルくらいかと思います。

コーディネーターが持ってきたネタに対して「ちょっと地味だよね」という指摘をPがして、ボール追加という流れはあり得ます。

Dは知ってたかどうか微妙。

 

とにかくこの問題、

事実として祭りは、全くの作り物でなかったとしてもなんらかの手を加えられた可能性は高く、そのことを日テレ側がどこまで知ってたか?というのが番組の存続に影響するんではないでしょうかね。

 

報道ではないので、放送法の縛りを受けるわけではないですが、このご時世、ただではすまなそうな感じ。

川口浩探検隊なんて現代ではできないだろうなあ。

 

引き続きよろしくお願いします。

 

イッテQ! カレンダー2018(壁掛けタイプ)

イッテQ! カレンダー2018(壁掛けタイプ)

 

 

 

ランチの件 大阪 難波 大吉

あんまり外で昼ご飯を食べるという事が少ないのですが、

この度、健康診断で難波のクリニックに行きまして

それまで半日ほど絶食してたご褒美にとちょっといいごはんを食べようと健康診断が終わるや否や、昼ご飯に飛び出していきましたわけです。

このブログでもちょくちょく書いてますが、ラーメンかスパイスカレーのどちらかを食べようとしてたところ、

良さげなラーメンはやや遠く、スパイスカレーの店はあたりをつけていたものの、売り切れのお知らせがツイッターに。

 

急遽スマホに難波 ランチとありきたりな検索ワードを入れて探したところ、

なんばこめじるしというスポットの中に、大吉という店を見つけることになりました。

店名だけ聞くと焼き鳥屋さんか?と思う方も多いと思うのですが、さにあらず。

阪堺市で、夜中に開店して、味噌汁のアサリの殻を足元に捨てる天ぷら屋さん、といえば、わかる方もいらっしゃるはず。

そのお店の支店が難波にあったんです。知りませんでした。

 

本店とは違って難波店はランチタイムとディナータイムの割と普通の営業時間。

メニューは天ぷらの定食がボリュームセットとおまかせセットの2種類に加え、

天丼、そしてレディースセットの計4種類。

値段はボリュームセットが1000円、それ以外は800円

注文したのはおまかせセット。

この日の天ぷらは

エビ、サバ、大根串、野菜串、ヤングコーンだったかと。

衣はサクサクで、大根おろしの入った天つゆにつけてもフニャッとならなくておいしかったです。

 

ごはんはおかわり自由で、おかわりには大中小があります。大人の男性なら大でいいも思います。

ぼくは中ですこし少なかったのですが、2回目のおかわりは遠慮してしまいました(笑)

 

天ぷらの具の中身には文句はないし、とてもおいしかったです。

特に大根の天ぷらは下味をつけた大根がとてもおいしく、出色でした。

ちなみにサバの天ぷらを形的に穴子かな?と思ってたところが食べたらサバだったのでちょっとがっかりしましたが、穴子を食べたいなら1000円の定食を食べるか別に穴子を注文しましょう(笑)

 

ほんとはビールを頼みたかったのですが、職場に戻らないといけなかったので、がまんしたのが個人的な後悔です。

次回は万難を排して天ぷらとビールを楽しみたいと思います。

 

こんどは家族連れでいきたいけど、土日祝はランチどうなんだろうか。

 

 

調べます。

 

引き続きよろしくお願いします。

 

 

 

 

有料自転車駐輪場の不正の件

お久しぶりです。

なんかブログを書くときはいつもお久しぶりって言ってる気がします。

 

さて、標題の件、たいそうに書きましたが、そんなにどえらいことではありません。

 

よくある有料の自転車駐輪場の話なんです。

ラック式で前輪を乗せるとがっちゃんとなって課金が始まるやつをいつも利用しているのですが、

決まって不正駐輪をしてる人がいるんですね。

不正の方法は簡単で、がっちゃんってなる手前のところに前輪を置き、ちょっと見た目は普通に自転車が置かれてるけど、よく見ると課金モードになってないぞという形。

この不正駐輪に対して駐輪場側も監視はしているようで、夕方にその自転車をみるとラックにきちんとはまってました。

 

個人的にはこういう不正には腹がたつわけで、見つけ次第ラックにはめてやろうとも思うのですが、私ががっちゃんとしたところで、自分には利益はありません。

義憤にかられてみたいな状況です。

 

なんだか毎朝もやもやしっぱなしです。

気持ち的にどう落とし所を見つければいいのかと。

 

 

オチがないとか言わないでいただきたい。

ブログなんてこんなもの。

 

引き続きよろしくお願いします

 

誰か買う?(笑)

買ってはいけない(おいしくないので)お酒

最近のレモンサワーブームが我が家にも来ております。

 

とある番組でマツコさんが「人をだめにする」といった九州限定の檸檬堂も九州に行った人からもらって飲みましたが、

まあコカ・コーラが作るだけあっておいしいですわ。

ほんとにレモンドリンク。

悪徳通販業者がアマゾンなどで高値を付けて売ってますが、販売元のコカ・コーラマーケティングで九州限定にしてるので、ネットで売るなと言ってますし、懸命な消費者は買わないでおきましょうね。

 

で、買ってはいけないというタイトルのレモンサワーは檸檬堂ではありません。

 

メーカーがよくわからない

「居酒屋横丁 レモンサワー アミノ酸クエン酸配合」というやつ。

 

端的に言いまして、ニオイが変。

薬品のようなニオイがします。

鼻をつまめば飲めると思いますが、そこまでして飲むものではありません。お金出すんだし。

申し訳ないんですが、よくこれで製造の許可を出したものです。

別に奇をてらったやつでもないし、レモンサワーだと思って飲むと、トイレの洗剤を飲んでいるような感じになります。

 

いろんな種類を一本ずつ買ったうちの一つですが、こんなハズレがあるとは思いませんでした。

僕はもう買いません。

 

味のレビューですのであしからず。

 

引き続きよろしくお願いします。

 

これです。興味ある人はどうぞ。

 

 

「~~なんだそう」っていうナレーションが大嫌いな件

こんばんは。

未だ例の事件の衝撃は消え去らないはてぶ界隈。

私もちょっとだけ関わっているようないないような感じなんですけども

今の所書く気になれないので、前から書こうと思っていたことを書きます

 

ナレーションというのはTV番組において非常に大きな役割を占めるものでして

言葉の選び方一つ間違えると、似た言葉であっても込めたい意味が込められなくなってしまいます。

というようなちょっと深めの話ではなく、今日書くのは、もっと表面的な言葉尻のお話です。

 

昨今のバラエティ番組のナレーションでよく聞かれるのが

「~~だそう」という言い回し。

例えば

「このラーメンのスープは鶏、豚を24時間煮込んでいるんだそう」

という伝聞の内容を表現するときに使われています。

どこからこの表現が流行したのかはわかりませんが

なんとなく、「あいつ今何してる?」の子ども風ナレーションが

その火付け役ではなかろうかと推測しています。

もちろんこの言い回し、なかったものが新たに作られたわけではありません。

たま~に聞くなあという程度のものでした。

 

ですが、この1年ほどの間、どんなナレーターの番組でもこの言い回しが氾濫していて聞けたものではありません。

 

使う側は「なんかやわらかい印象をあたえそう」(この”そう”は別意味w)

というふうにそんなに深くは考えていないでしょう。

でもこの「~だそう」は柔らかいというよりも不完全な、あるいは、未熟な印象を与えているように思えます

なので、前述の「あいつ今何してる?」のような声ならしっくりくるのかもしれませんが

鉄腕DASH」なんかでこれをやられると、どうにも歯がゆくて気持ちが落ち着きません。

「~~なんだそうです」「~~といわれています」

というような言い回しに改めてもらえないかなと

普段からナレーションを書いている身としては切実に思うわけです。

ちなみに私は「~~だそう」は一度も使ったことありません。

 

いっときの流行で終わる可能性もありますが、

定着したらいやだなあと思う今日このごろです。

 

引き続きよろしくおねがいします

 

 

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

 
日本語〈上〉 (岩波新書)

日本語〈上〉 (岩波新書)