読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ 付け焼きBar

たいしたことは描いてません。でも無断での引用(盗用、剽窃)は許しません

インターネットの記憶 ジオシティーズ

こんにちは。ホームページは手書きHTML です

タイトルの通り、なんか昔のインターネットについて書いてみようかなと思い立ってみました。
ただ、平野友康さんや林雄二さんにはかなわないのは目に見えているので、ゆるく見ていただきたいのと、
僕の記憶の範囲内しか書けないということをご了承くださいませ

で、ジオシティーズなんですが、
インターネットが庶民にも降りてきたっつーことで盛り上がったもんです。
アメリカのサービスが日本に入ってきたんです。
無料でサーバーが用意され、自分のホームページを簡単に作れるということで
私もなんか飛びついてみたんですね。
直接ページにも飛べるんですが、ジオシティーズ自体のコミュニティみたいなのがあり、街みたいな外観で、それぞれのページに番地が割り振られていました。
自分のホームページの入り口には家が建っていて、更新が頻繁なページは家がピカピカなんですが、滞ってくると家が腐ってくるという趣向(笑)
がんばって使えよというやつです。

とはいうものの、ホームページビルダーみたいなソフトを買うこともできず、ひたすら手打ちhtml。
ネットで検索してはコードを打ち込んだもんです。
なのでなかなか更新もできません。

テーブルが作れたといっては喜び
ブリンクできた!といえば大喜び。
ブリンクについては、当時のホームページ作りで大流行し、あまりにもチカチカしすぎるので、自粛しようということにまでなったくらいです。

で、中身はなにを作ったかといえば、
所さんの目がテン!第二研究所というタイトルのページ。
番組開始当初からほぼ全部見ていた大好きな番組でそのデータベースを作ったり、コラム的なものを書いてみたりがんばったんです。

もちろん、個人の作業ですから、なかなか進まず、データベースも半分もいかなかったと思います。
ただ、そのころは番組ホームページがまだなく、私がやってやるんだという使命感で更新を続けていました。
そのホームページをやっていてうれしかったのは、番組開始から長い間出演されていた馬場憲治さんからメールをいただいたことです。
当時は目がテンには出演されておらず、ニュースプラス1の情報コーナーに出演されていたころでしたが、
丁寧な文章でとても感動したのを覚えています。
いまのようなgmailみたいに、パーマネントなメールアドレスがあればよかったんですが、そのころのアドレスはすでに消え去り、馬場さんとは連絡とれなくなってしまいました。
馬場さん、これご覧になりましたらご一報を。いや、そんなわがままなことはいけません(笑)

なんだか、テレビの思い出みたいになってきたので話を戻します。
ホームページですが、番組ホームページができ、私がやっていたのよりも詳しいデータベースもできてきたのでひとまず更新をやめました。

当のジオシティーズジャパンはご存知の通り、Yahooジャパンに買収され、
サービスも終了しました。
いま、検索してみるとトップページは出てくるものの、リンク先はなくなっていました。
トップだけでも残っていてちょっとノスタルジーにひたったりもできました。

ということで、ジオシティーズ薄ーい思い出でした。

引き続きよろしくお願いします