読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ 付け焼きBar

たいしたことは描いてません。でも無断での引用(盗用、剽窃)は許しません

【超野暮】映画「君の名は。」カットされた部分をシナリオにしてみる

10月の終わりにやっと見ました。

イオンシネマってお客さま感謝デーの日に、イオンクレジットを提示すると大人が1100円で映画が見られます。

これ豆な(笑)

 

ーここから盛大にネタバレを含むと思われますー

 

 

 

さて、そんなとっても役立つライフハック(笑)はともかく、映画の後半に随分大胆に省略した部分がありますよね。

脚本の段階なのか、編集でなのかはわかりませんが、子どもがみるとそこがわからんということになるようです。

そこをあーだこーだ議論するのが映画の楽しみだったりはするのですが、

なんか書きたくなったので、その部分のシナリオを想像して作っちゃおうと思います。

 

【追記】

最後まで書いたあと、アマゾンのリンクを張ってみて気づきました。

ノベライズにはそういうカット部分も書いてあるんじゃなかろうかと。

絶対に答え合わせしないで下さい。

恥ずかしいので。

【追記終わり】

 

 ではいってみますねー。

三葉(本人)が町長である父親に最後の訴えをするシーン

三葉は傷だらけになりながら、町役場にやってくる、そしてー

 

<町長室>

三葉 お父さん!お願いだから私の言うことをきいて!!

 

町長 お前らなんてことをしてくれたんだ。

   昼間に来たのは俺たちを巻き込もうとしてたんだな!

 

三葉 (昼間に私が・・・瀧くんが・・・来てたんだ)

   ほんとうなの!もう彗星が割れてるの!

   割れた彗星がもうすぐ落ちて糸守は消えてなくなるの!

   だから早く高校のグラウンドにみんなを!

 

町長 彗星が割れてる?

   (窓の外を見て)

   確かに割れてるが、それが落ちるなんて誰も言ってない。

   町民に無駄な混乱をこれ以上起こしたくないんだ

 

三葉 わたし・・私見たの。

   3年後の糸守を。

   湖が2つになってる糸守、ううん、そこはもう糸守じゃない。

   本当に糸守がなくなるの

   みんな死んじゃうの!!!

 

町長 な、何を言ってるんだ。

   3年後を見てきたって・・・

 

<町長の回想>

二葉 俊樹さん、私ね、昔不思議な経験をしたことがあるの。

 

俊樹 へぇ~どんなこと?

 

二葉 寝てる間にね、誰かと入れ替わっちゃってたの。

 

俊樹 なにそれ?

 

二葉 高校2年生の冬の頃、神戸の高校生の男の子と入れ替わってたみたいで、

   最初は何のことだかわかんなかったんだけどね・・・

 

三宮で男子高校生となっている二葉

楽しそうに友達と歩いている

 

二葉 でもね、その神戸の街って2年前の神戸だったの。

 

俊樹 ??

 

二葉 私が高校生のころはもう震災が起こってた。

   私は、震災が起こる前の神戸の高校生と入れ替わってたの

 

俊樹 なにを言ってるんだよ。なにか夢でも見てたんだろ・・・

 

二葉 (静かにうつむく)

 

<糸守町役場町長室>

町長 三葉、ほんとうに3年後を見てきたというのか

 

三葉 ほんと!本当なんやって!

   わたし3年後の東京に住んでる瀧くんって男の子と入れ替わったの

   それで今瀧くんは糸守に来ててね、さっき入れ替わったの

   そしたら、そしたら、糸守が、いとも・・・

 

町長 もういい!・・・・わかった。町民を避難させる!

   (受話器を取って連絡をする町長)

 

三葉 ・・・よかった・・・(座り込む)

   

<宮水神社境内>

防災無線 こちらは糸守町役場です。

     先程の山火事が広範囲に広がる可能性があります。

     次の地域にいる皆さんは大至急糸守高校グラウンドに避難して下さい

 

勅使河原 あっ!!三葉のやつ親父さん説得できたんやな

     よしっ俺らも急がな!

     みんなーーーーー

     すぐに高校に避難して下さい!!!

 

町民A なんだって?さっきはなんともねえっていったたろう

 

勅使河原 とにかく高校に行って下さい!

     山川さんも言うて下さいよ

 

山川(消防団) なんかよくわからんけど、町からの指示がそうなら避難だ

     転ばないように気をつけてな、

     ほら、ばあちゃんの手、引いたれ!

 

ナレーション こうして避難すべき地域の住民は、全て高校のグラウンドに

       避難することができた

 

<糸守高校グラウンド>

ーマイクのハウリング音が響くー

 

町長 あーあー、みなさん大変急な避難で申し訳ありませんでした。

   実は、先程の避難放送は訓練でした。

 

町民 なんや~嘘ついてここまでこさしたか(など口々に)

 

町長 みなさんを騙すようなことをしてしまって申し訳ありませんでした。

   しかし、非常に迅速に行動していただいたおかげで・・・

 

ー彗星が落下、一帯は大きな揺れに見舞われ、悲鳴が響き渡るー

 

 

 

 

シナリオは以上です。

 

一回しか見ていませんので、本編と矛盾しているところもあるかと思います。

お遊びで書いてますのでそのへんはご了承下さい。

もうちょっと膨らませられる部分もあるんですが野暮なことをしてますので

この辺にしておきます。

 

個人的には楽しかったっす。

 

引き続きよろしくお願いします