読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ 付け焼きBar

たいしたことは描いてません。でも無断での引用(盗用、剽窃)は許しません

私がIPhone6以降を買わないX個の理由

iPhone5s使ってますよ。ええ。

そろそろ2年になるところです。
バッテリーはちょっとへたってきたように思うし、
メモリ不足かなんかでアプリが落ちるようにもなってきてます。

でも私は新しいiPhoneは買いません。

その理由を書き殴ってみたいと思います。

1.値段が高い

高いですよ。10万超えとか。
月々の割引やらで実質2.3万にはなるんですけど、
10万のものをローンにして買うわけですから慎重にもなります。
携帯電話を買うときに大幅な割引があると言うのは、ガラケーのころからの悪習といってもいいでしょう。

機種の代金はほぼ払わなくてもよかった時代が長くありまして、その時の感覚がしみついてるもんですから、
実質0円みたいなまやかしに乗っかってスマホガラケーのように買い換えてしまうんです。
月々の代金から割り引かれているとはいっても、スマホの毎月の料金はガラケーの時より高くなってますし、そう考えると結局自分で機種代払ってるのと変わらないよなあと物悲しくなってしまいます。

iPhone自体の話からはそれましたが、
要は高いってことです

2暮らしが変わらない

iPhoneが出た時、ジョブズiPhoneで暮らしが変わると言いました。
実際にiPhoneが普及したことで私の生活は大きく変わりました。
このことはガラケーの時にはなかったかというと、あったんです。
ガラケーの時にも暮らしを変えるような大きな技術革新があり、だからみんな新しいガラケーが欲しかったんです。
例えば写メなんてのはまさにそれです。
携帯電話で写真が撮れるようになって、いろんな場面を簡単に残すことができるようになりました。
これは大きな変化でした。

iPhoneもさまざまなアプリでカスタマイズして、便利なツールに仕上げて行くという新たな楽しみを与えてくれました。

ただ、今回のiPhoneにはそこまでの変化はありません。
私はiPhoneは5Sが完成形最終版ではなかったかと思っていて、機種変更するとしても同じ5sにするつもりです。
5SがOSアップデートに対応しなくなったあとはまだ考えていませんが。

これは地デジ対応テレビが普及した後、3Dとか4Kとかいってもあまり食指が動かなかったのに似ています。

ライフスタイルを変えるイノベーションではなく、単なる技術屋の新機能自慢でしかないというのが率直な感想です。

Appleという会社への疑問

Appleはユーザーにはフレンドリーなところが多いのですが、
これが取引先企業や下請け企業の従業員にはかなり冷徹で厳しい対応をしていることがまま報じられます。

実際に日本の企業があまりに理不尽で一方的な取引をすることに業を煮やし、
裁判を起こして勝つということもありました。

近江商人ではありませんが
会社と客と世間の全てが納得できるような経営をしないと、いつかのような暗黒時代にもどってしまうかもしれません。

そういうこともあってAndroidも選択肢にはいれようかと思ってます。



もっとあるかなと思って書き始めましたが、3つでした。

正解者の方には素敵な粗品もどきを差し上げるか検討中です。
コメントでお知らせください(笑)


引き続きよろしくお願いします