読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ 付け焼きBar

たいしたことは描いてません。でも無断での引用(盗用、剽窃)は許しません

ISIL問題

新しいステージって悪い意味なんですよね。

いくつか問題があるわけなんですが、
日本の最初の演説って、
やっぱりまずかったんですよね。
日本はISILの敵だって宣言しちゃったんですから。
で、これのなにがまずいかといえば
拘束がわかった直後にイスラム研究のヒゲの教授が会見でいってたことが端的でわかりやすいんです。
イスラム原理主義過激派の建前として
お前は敵だと言われたら
その的に対して背を向けることはできない。
だから、戦いを辞めることはないという。
ようするに、水面下の交渉もまったく効果がなく、交渉を成立させるのは相手の要求を飲む以外にはなくなったということなんです。
これからも日本人の拉致は行なわれていくでしょうが、いまの状況を考えると拉致されたら命あって還ってくることはまずないということです。

それだけでなく、日本国内でも自爆テロが起こりうる状況になったわけで、これはとても恐ろしいことです。
これにはISILの思う壺で、恐怖を植え付けるのが目的であるということも、覚えておかなくてはいけません。

もう一つ考えたいこと

これはある方のFacebookの投稿からなんですが、
東南アジアのテレビでもこの日本人人質殺害のニュースは大きく報道されてるそうなんですが、
日本と違うのは、その他の人質が殺害されたというニュースも報道されているということ。
つまり、ISILは日本人以外にも多数の人間を拉致し、殺害していると。
日本にいると日本人の人質殺害は報道されても、他の国の人質のことはほとんど目にすることはありません。
情報ばかり過多になってもいけませんが、いまの情報だと、いわゆるB層的な人は日本だけが狙われて被害者だというような意識に陥るかもしれません。
ちょっと極端かもしれませんが。
ただ、今回のニュースでも、ヨルダン人のパイロットが人質になっていたなんて、後藤さんへの脅迫があって初めて知ったんじゃないでしょうか。

ISILが日本を狙っているという以上、どんな組織なのか?実情はどうなのか?
ニュースでいいので、知らされなくてはいけないのではないでしょうか。
それは敵対して戦うためにということではなくてです。

引き続きよろしくお願いします