読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ 付け焼きBar

たいしたことは描いてません。でも無断での引用(盗用、剽窃)は許しません

北極の氷の件

北極圏の氷河、ここ二年間で広く厚く。地球温暖化に疑問の声 | IDEA HACK

なるほどね。

分厚くなってるのは事実だそうです。

ただそれが何に基づいてそうなってるのかはわかんないみたいですね

温暖化ではないのか

単なる周期的なものなのか

 

まあどっちでもいいんですけど、これも利権の話になっちゃってますよね。

氷が増えたからよかったよかった、ではなくて

氷が溶けないと儲からないみたいな。

 

エコで儲けたい人としては

「氷が溶けるということは温暖化が進んでいるという証左なので

 温室効果ガスをへらさなくてはいけない」

というのを前提として

でもなかなか温室効果ガスは減らないので

あんまり出してないところと取引をして儲けるんですよね

前からある指摘ですけど、この取引ってなんの意味もないんですよね

取引をした国の排出量が統計上減ったり増えたりするだけで。

まさにエコロジーが金儲けのために使われて本質が失われている典型です。

 

まあ、往々にしてビジネスになるということは

金儲けの方に重点が置かれて物事の本質はどっかにいっちゃいがちになるということです。

 

昔というか1990年前後、環境問題がちらほらテレビで取り上げられるようになりました。

そのころのテーマは酸性雨がメインだったかな。

テレビで時々出るとはいえ、熱心に取り組んでるのは一部のNGO

社会的にはほぼ無視されていました。

 

それが日本でバブルが終わって景気が落ち込んできた頃

何かでもうけないといけないと思った企業があったんでしょう。

エコへの取り組みをビジネスに展開しようとし

それをWBSあたりが新たなビジネスチャンスとかで持ち上げて

バブルの頃に流行った「メセナ」なんかより

社会貢献してるみたいに見えて、

かつ金儲けができるとみんなが飛びつきました。

 

そうなるとですね、もうなんかわけがわかんないわけです。

地球環境は壊れてくれないとエコの商売をする意味がなくなっちゃうんです。

氷も溶けてオゾン層も破壊されて・・・

だから正反対のデータが出てきたりするんですよね。

例えば温暖化してるってのと寒冷化してるってのとかみたいに。

温暖化してほしいグループは逆のデータでも温暖化につなげちゃったり。

 

素直に温暖化が止まりつつ有るのではというデータが出たのなら

ちょっとホッとするべきなのでは?

 

不都合な真実」ってありましたけど

どっちにとって不都合だったのか。

 

では

引き続きよろしくお願いします