読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ 付け焼きBar

たいしたことは描いてません。でも無断での引用(盗用、剽窃)は許しません

ハムスターが死にました

けさ、うちで飼っていたハムスターが死んでしまいました。

去年11月に生まれ、12月にペットショップで譲り受けました。

わずが10か月の命でした。

昨日の夜は元気に車を回していて弱っていたような様子もなかったんです。

急死です。

きのうの夜、雷がひどかったのでそのショックではないかとも考えたりしました。

朝起きて子どもが気づいた時には冷たくなっていましたが

いつものように眠っているみたいでした。

ハムスターは長ければ2~3年生きると言われているので

短命にしてしまったことを反省しています。

 

ハムスターの亡骸は半紙に包み庭の木の下に子どもとともに埋葬。

下の子(低学年)はよほどショックだったらしく

 しばらく放心状態。

その後「心臓マッサージして!」と泣かせる懇願。

学校には元気にいきましたけど。

命の勉強なんていうとおこがましいんですが、

人の死も含めて、こういうことを繰り返して成長していくんだなあと思いました。

 

湿っぽい話だけでもなんなので、もうひとつうちの動物ネタ。

ハムスターの死から遡ること12時間前、

カブトムシで大事件が起こっていました。

昨日の昼間、子どもから携帯に

「カブトムシの幼虫が外に出てて大変なことになってる!」と

緊急(本人にとって)の連絡が入ったもので

マット(おがくずなどでできたベースであるとともにエサ)と

朽木(幼虫の餌になります)を変えり道にホームセンターで買って帰宅。

幼虫が大変というケースを開けると

3匹ほどの幼虫が外にでてもごもご。

その下はフンでいっぱいになっていてマットは食べつくされていました。

3匹の幼虫を別のプラケースに退避させ

フンを取り除こうとケースを傾けた瞬間、

フンの下から大量の幼虫が!!!

 

これは大変と、1つずつ取り出しては別のケースに入れていくんですが

とってもとっても出てくる出てくる・・・

結局30匹ほどの幼虫が出てきてしまいました。

正直グロかったです

 

初めてうちでカブトムシを飼ったのは2年前で

帰省先の道の駅で買った一つがい。

おそらく育てたものではないだろう、山で捕まえたものだろうということで買って帰り

ひと夏育てたところ、そのつがいが5個の卵を産みました。

この5月終わりから6月頭には全て成虫(雄2匹、雌3匹)になり

ひとつがいは子どもの友達にもらわれていきました。

そうこうしているうちに残った3匹のうち雌2匹が死に、残ったのは雄1匹。

雌が死んだのはわりと早かったのでそんなに卵は産んでないかなと

高をくくっていたのですが、何をおっしゃるお富さんってな具合でした

つまり、1年目2匹→2年目5匹→3年目30匹(推測)ということは

およそ2乗になってるわけで、おそるべしカブトムシ的ねずみ算。

このまま飼育すれば来年には30の2乗で・・・

物置レベルの飼育小屋が必要になりそうです。

 

いや、成虫になったらあちこちにばらまきますけど。

ほしい方は来年の夏頃ご連絡下さい。

 

ではまた書きます。

引き続きよろしくお願いします

 

 

はじめてのハムスターの育て方

はじめてのハムスターの育て方