読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ 付け焼きBar

たいしたことは描いてません。でも無断での引用(盗用、剽窃)は許しません

NHK紅白歌合戦2016年紅組逆転優勝問題の件

問題です。

今年の紅白歌合戦はどちらが勝ったでしょう?

 

答えは・・・

今年はまだやってないのでわからない

 

さてとびっきりの年始ジョークを御見舞したところで

本題です。

 

#NHK紅白 視聴者投票→白組圧勝 会場審査→白組圧勝 ということで優勝は紅組です!! - Togetterまとめ

ちなみに、視聴者票が重く置かれてた時代はジャニーズ票ばかりで白組優勝が続いてたりもしたんだよ。それはそれでみんななんかいうだろーよ。

2017/01/01 21:18

 白組が視聴者投票ではもんのすごい多数だったのに紅組が逆転優勝!

なんでやねん。

というのが顛末でございます。

 

気持ちはわからなくもないですが、

事が大きくなってしまったのには原因があるようなので

その辺を考えてみたいと思います。

 

まず、最終的な得点(黄色いボール)についてですが

ゲスト審査員は1人1点ですが、

会場審査委員は多かったほうが2点

視聴者審査員も多かったほうが2点

という形でして、このルールはこのところそんなに変わってはおりません。

今回、会場も視聴者も白組で4点が先に入っていたのですが、

ゲスト審査員のほうが先入れの4点を加えても紅組が多かったので

紅組優勝となったのはまぎれもない事実です。

 

Wikipediaによりますと視聴者審査員が始まったのは第53回その時はBS衛生ハイビジョンの視聴者だけでした。受信機1台につき、審査員の申込みができたといいます。

その後、地上デジタル、ケータイ、ワンセグと審査員が広がりましたが、

人数限定で全員が参加できるわけではありませんでした。

第58回(2007年)で初めてワンセグ審査員が無制限となり、ワンセグ機器を持っていれば誰でも参加できるようになりました。

という風にだんだん視聴者審査員が増えていったわけなんですが、

その中で第56回から第61回まで8回連続で白組が優勝しているんです。

これは取りも直さずジャニーズ票です。

近年のAKBグループ勢も頑張っているのでしょうが、

やはりジャニーズファンの層の厚さにはかなわないというところでしょうか。

視聴者として見ていた人もまた白組かよという思いはあったでしょう。

いまほどSNSが普及していなかったので、今のような炎上にはならなかったですが。

紅組は第62回で優勝を取り戻しますが、

第63回からは再び白組が3連続優勝。

そして第66、第67回は紅組が優勝しています。

 

こうしてみると1つ考えられるのは、

NHKサイドとしては、まず、ワンセグやデジタル放送のデータ放送の普及をなんとか推進しようとして視聴者審査員を取り入れましたが

普及するに連れていわゆる「組織票」めいたものに悩まされるようになったのだと思います。

視聴者票の按分をどうすべきかというのは悩ましいところです。

多くすれば組織票に負けてしまい、ゲスト審査員の威厳がなくなるし、少なくすれば視聴者軽視と言われてしまう。

なんとかいい着地点に改善しようと現在も試行錯誤が続いているはずです。

だから今回こんなことになってしまったのではないかと。

 

今回の地デジの投票方法ですが、ひと組ずつ紅か白かに投票するシステムでした。

この投票方法が白組票を大きく伸ばした原因ではなかったでしょうか。

以前は番組中に数回、投票の機会があるだけでこのシステムだと、組織票が働いても得票数の差はそれほど大きくならないはずです。

ですが、今回のように各対戦で投票ができてしまうと、差は開く一方でしょう。

いくら差が開いてももらえる玉は2つだけ。

見た目あんなに勝っていたのに~ということになってしまったんですね。

どうしましょうかねえ。

 

正直、みんなが納得できるルールを作るのは難しいと思いますし、

ファンは必ず自分の応援する人が勝ってほしいし

視聴者参加が簡単になればなるほど、テレビのお約束はやりにくくなってきます。

 

僕としてはやいやい言わずに生暖かい目で楽しんでればいいんじゃないかと思いますけど。

 

新年のご挨拶を忘れていました。

あけましておめでとうございます。

本年も引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 

ノンスタ井上 事故の件

年末は交通事故が増えますので、みなさん気をつけましょう。

 

さて、人気芸人ノンスタイルの井上さんが、当て逃げをして話題になっております。

けさのニュースではスーパーマラドーナの武智さんも同乗してたとかで、年末年始番組の編集が相当大変になりそうで、ご愁傷さまでございます。

 

一方で、ウーマンラッシュアワーの村本さんは「そうなったらわしも逃げる」とツイートされて炎上中なわけです。

なんか当該ツイートは消したか消すように言われたかで見当たりませんが。

あと、一度の失敗ではい上がれなくなるのはうんぬんというくだりには同意できないわけではないですが、事故を起こしたかもしれないと思ったら警察に通報しましょうね。

 

ほんでですわ。

村本さんのツイートで、「井上のことをだれも責める権利はない」的なことを言っておられるわけですが、

そこには今年の出来事を象徴するような意思が隠れてるなあと思うわけです。

思い起こせば今年のはじめですよ、ベッキーさんのいわゆるゲス不倫が話題になったのは。

まあ本人たちがやってたことも褒められたわけでもないんですが、あまりにも叩かれてちょっと引いたわけです。

事務所は、仕事がなくなり、イメージが相当悪くなり、被害を被ったので怒ってもいいと思うんですが、

私らが、「顔も見たくない」とテレビから追放するようにたたくのはおかしいですよね。

最近もテレビに出たら苦情殺到みたいな事が記事になってましたが、おまえらどんな利害関係があるんだよと。

 

翻って、今回のノンスタ井上さん事故からの村本さんツイートです。

事故から逃げたのは擁護できませんし、事務所が活動自粛するのも仕方ないでしょう。

ただ、それを見てる私らがノンスタ井上ネットで最低と罵倒してはいけないと思うわけです。

もちろん、やっちゃったなあ、バカだなあ、ダメだよなーと心の中で思ったり、井戸端会議で話すのは構わないと思うんですよ。そんなの勝手にすればいいです。

でもネットで、本人のツイッターなどに対して、罵倒、暴言などを突きつけるのは、正義のようで、正義ではなくリンチに近いものがあると思います。

 

ネットの悪いとこって言ってしまうとそれで終わってしまうんですが、なんかそういうことやってると、リアルの世界でもそういう人になっちゃうんじゃないかと、そういう人が増えちゃうんじゃないかと思います。

 

以上です。

引き続きよろしくお願いします

 

 

クソまとめサイトを検索から除外する方法(不完全だけど)

DeNAのWELQには始まった、クソキュレーションパクリサイト問題ですが

サイバーエージェントリクルートなども巻き込みながら、

絶賛炎上中のようです。

悪いのは村田マリだけではないのでみなさん忘れないようにしましょう。

 

パクリも大きな問題ですが、健康情報のサイトについては

その信ぴょう性も大きな問題となっておりまして、

霊が肩についているから肩こりが的なのは論外としても

やけどの際に濡れたタオルをつけましょうというような

実際に被害が出ている情報の類については、身近に迫った危険な情報なわけでして

そういう情報はなるべく遠ざけたいものです。

 

そうした場合に、医師の監修があればいちおうちゃんとした情報なのではないかと思えるので検索のときに”監修”という文字列をAND検索でしてみるのはどうかと思って実行してみました。

 

その結果です。

腰痛でやってみました。

 

Googleの場合

検索ワード 腰痛のみ

https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E8%85%B0%E7%97%9B&dlnr=1

検索ワード 腰痛+監修

https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E8%85%B0%E7%97%9B+%E7%9B%A3%E4%BF%AE

 

Bingの場合

検索ワード 腰痛のみ

腰痛 - Bing

 

検索ワード 腰痛+監修

腰痛 監修 - Bing

 

この二つのエンジンでやってみたわけですが、

監修のワードなしで検索した場合

トップに出てきたのは、どちらのエンジンでも

「しっかり治す腰痛」というサイトです

このサイト、どこが運営しているのかまったくわかりません。

プライバシーポリシーのページを見てもほとんどなんの情報もなし

そして一番下にはSEO対策会社のリンクと、その他の健康情報()に飛ぶリンクが並んでいました。

 

こういうのがくそサイトなわけですね。

運営会社は

SEOクリエイティブソリューションズ

SERVER TRANSFER AGENT(エージェントサービス)

代表 加藤みのり

        SEOクリエイティブソリューションズホームページより

だそうです。

SEO会社の新規事業でしょうか。

それとも、サイトをパクって作っておいて誰かに売ろうとしているんでしょうか。

いずれにしてもなんの出典も示さない情報に信頼は何一つありませんが、

こういうサイトがトップに来てしまうのは大問題です。

一部ではGoogleよりBingのほうが検索がちゃんとしてるという噂もありましたが、

そんなことは無いようです。

ちなみに監修ありで出てきたサイトですが、

Gではヘルスケア大学、Bでは腰痛専門家が勧める腰痛にいいという椅子のサイト。どちらがましかといえば、まあヘルスケア大学でしょうか。監修が医師だったんで。医師が監修しているといっても長谷川豊によからぬことをふきこんで、炎上したら責任を押し付けて逃げた医信のような例もありますので、気を付けなくてはいけません。

結局かかりつけの医者に聞くのが一番みたいなことにもなりそうですな。

ひょっとしたらですが、制作側のコストとか利用する側の信頼性とかを考えると医療に関する情報は、インターネットになじまないのかもしれません。

 

また今回やったワードをプラスして検索する方法もくそサイト運営がちょっとなんかすればすぐに破られるでしょうし、ちょっとした気休め程度のものでしかないと思っています。

最近、検索をかけてもドメインやダイジェストを見てどれも怪しく見えてしまい、

なかなか情報が得られなくなってしまいました(笑)

だれかなんとかしてくれ~

 

引き続きよろしくお願いします

 

もうなにも信じられない

こうして医者は嘘をつく

こうして医者は嘘をつく

 

 

 

 

クロネコヤマトの荷物が来なかった件(前回の続き)

きのうこんな記事を書きました

 

 

fujioka223.hatenablog.com

 

その荷物なんですが、きょう夕方になっても届きませんでした。

月曜日17:55

昨日の話では、昨日の夕方の便で最寄りの営業所に着くはずと言っていたので

当然きょうの早いうちに届くだろうと思っていました。

しかし、上記の時間になっても荷物は届きません。

ということで再びサービスセンターに問い合わせ。

きのうのうちに営業所に来ているはずだといわれたことを告げると

再び担当者から電話させますとのこと。

ベース店から丸1日経っているのに営業所に来ていないというのはどう考えてもおかしいわけで、

何かの事情で迷子になっている可能性が高いと思われるこの事案、

荷物がどこにあるのか調べるのに時間かかりますと言われ電話を切りました。

 

月曜日18:20

担当者から電話あり。

いきなり「営業所に夕方の便で来ました、8時台に届けます」とのこと。

あとから書きますが、言いたいことがいくつかありつつも

ひとまず荷物が届くということなので、はいはいと返事をしておきました。

ちなみにその時点で荷物の位置を検索すると

17:49に営業所でスキャンされたようです。

 

月曜日18:50ごろ

荷物到着。

ひとまず一件落着です。

 

〇なんか違和感が残るんですよね

というのがサービスセンターに問い合わせをしてからすぐに

連絡が来て荷物配達という流れ。

真実はわかりませんが、推測としては、

〇日曜日の時点で営業所には届いていた

〇何らかのミスで荷物が倉庫の中でほったらかしになっていた

〇月曜日、再び問い合わせがあり、よく調べてみたら営業所にあった

〇今日来たことにして配達。

 

こんなところではないかと思うんですよね。

私のこころがひん曲がってるだけかもしれませんが

正直に言ってくれたほうがうれしかったなあと。

正直に言って怒られる顧客もいるのでこういう対応なんでしょうけど。

 

きょう問い合わせしなかったらどうなってたんでしょうか。

そこ比べてみないとわかんないんですけどね

ドラえも~ん。もしもボックス出して~

 

今日は以上です。

引き続きよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

ヤマト運輸(クロネコヤマト)のシステムに若干の問題があるのではと思った

ドライバーの皆さんご苦労様です。

クロネコメンバーズに登録しております。

 

最近はLINEで配達通知やら受け取り日時変更とか便利になってまして

今日来るよと通知がやってきます。

かなりシステマチックになってるんですけども、そこにもう一歩なところがあるようで

きょう落とし穴的なことを体験しましたので書いてみようと思います。

 

土曜日 22:34

LINEにヤマト運輸からお知らせが届きました。

日曜日に荷物が届く予定ですよと。

某オンラインショップで買った品物です。

 

日曜日 10:00ごろ

特に日時指定はしていなかったので

調べても仕方ないかなとは思ったのですが、

荷物の場所を調べてみました。

すると

日曜日 4:23

作業店通過とのこと。

この作業店は、今回は都道府県のベース店のようで、あとからわかりましたが

そこから営業所に向かうための拠点のようです。

 

で、そこからヤマト運輸からのお知らせは全くなく

丸一日が過ぎました。

 

ものすごく急ぐものではなく、時間指定はしていませんでしたが

さすがに日曜日が配達予定になっているのに

夜7時を過ぎても配達がないので問い合わせをしました。

センターの回答では、

「日曜日の午前中についているはずですね」とのこと

さらに

「ドライバーに確認して連絡します」

 

そこから20分後。

時刻は20:00

担当者から電話で

「荷物がベース店から営業所に荷物がまだきていない」んだそうで。

「年末で荷物が多いので、営業所をまわるのに時間がかかる」とか。

結局あす月曜日以降の配達だそうです

そこでごねたところで荷物が来るわけでもないので、

素直に話を聞いて電話を切りました。

ただ、代引きだったりもしたのでなるべく家にいようということで

時間を都合付けたりもしたのでちょっと腹はたちました。

 

ヤマト運輸のシステムがもうちょっと進んでたらなーさて、ここでなんとかならないかなと思ったのは次の点です。

LINEで荷物の通知が来たのは配達前日の夜。

おそらくいろんなデータから日曜日に配達できるとAIなのかシステムなのかが判断して

僕に通知をくれたんだと思います。

ですが、実際には荷物が多かったり渋滞もあったかもしれませんが

荷物は営業所までも来ず、配達予定日に荷物が届くことはありませんでした。

で、この場合、もしシステムにもう一歩先の情報処理技術があれば、

「荷物Aが作業店を通過したけども、〇時間たっても営業所に行っていない。

 ということはきょうの配達はむりだな」と判断し、

LINEで

「まことに申し訳ありません。荷物の配送が遅れており、お知らせしていた本日中のお届けが難しい状況です。くわしくはお近くの営業所にお問い合わせください」

的なメッセージが送れたのかなと。

 

昨今の宅配業界の厳しさはいろいろ言われているところですし、

ドライバーさんの負担もそうとうなものがあると聞き及びます。

そういうシステムの開発も行われているのだろうかとは思いますが、

現場の負担を減らしたり、利用者の気持ちをおさめたりするために

コンピュータに任せられるところは任せられるシステムは

必要なんじゃないかなと思いました。

ヤマト運輸はかつて「一歩前へ」というキャッチコピーを使っていたこともありますからね

マンパワーだけでない一歩前を目指していただきたいものです

 

引き続きよろしくお願いします。

 

 

 

M-1グランプリ 2016  銀シャリが優勝の件 いろいろレビュー

みなさんこんばんは。

M-1が終わってロンハーのM-2がやっておりますが、

青山アナの妙な雰囲気に耐えられません。

 

さて、M-1ですが、銀シャリが悲願の優勝みたいなことになりまして

ひとまずおめでとうございます。

ちょいとばかし振り返ってみたいと思います。

 

◆予選

登場順に振り返ってみましょう。

意見は個人の感想です(笑)

 

1.アキナ

トップのプレッシャーによく戦ったと思います。

上沼恵美子相談員審査員が話していたように、非常に良かったと思います。

トップでなかったらもっともっといい点がもらえていたと思う出来でした。

 

2.カミナリ

爆笑問題カーボーイで初めてその声を聴き、要注意だなと思っていました。

ネタの構成として、ネタフリが長かったかなと。

殴るのが身上なので、もっと早く出していけばなーとちょっと残念。

 

3.相席スタート

唯一の男女コンビでしたが、元から合コン的なネタが多く、お茶の間受けするかなと思っていました。その憂慮を野球中継というフォーマットに載せることでうまくやったなと

思っていたのですが、オチがド下ネタ(笑)

上沼相談員審査員(2回目)は評価されていましたが。

 

4.銀シャリ

ドレミの歌ネタでしたがよくまとまっていて面白かった。ボケが飛びすぎず、ちょうどいい感じ。鰻のキャラクターともマッチしていましたよ

 

5.スリムクラブ

これはやりすぎ感がありました。以前のM-1で出てきた時のインパクトを

なんとか持ってこようとしたのが失敗だったかなー

失笑がちょうどいい感じでしたなあ

 

6.ハライチ

去年のがちがち大失敗を教訓に、そうとう頑張ったと思います。

ネタの構成もよかったし、面白かった。

何に負けたのかなあと。

 

7.スーパーマラドーナ

これまでの田中ひ弱キャラを封印するようなネタで意表を突きました。

スーパーマラドーナ変わったなというインパクト絶大。

何様という批判はさておき、すごく成長したって印象でした。

 

8.さらば青春の光

能ネタは以前からの持ちネタ。ただ、いろいろあったコンビなので

露出も少なく、それなりのインパクトはあったと思います。

2本目に何を持ってくるか気にはなりましたが、見なくてもまあいいかという。

 

9.和牛(敗者復活)

敗者復活は正直なところミキに出てほしかったなー。

和牛の敗者復活でのネタは、ちょっと今一つでした。

本選のネタは同じ男女ネタながらバカ男のネタで、巻き返した感ありでした。

 

決勝予選まとめ

決勝に残った3組は割と順当ではなかったかなと思いました。

入れ替わるとしたら、和牛の枠が、アキナ、もしくはさらばだったかもしれないですが、順番や勢いなど生のアレで微妙な差で決まってしまいましたね。

和牛ですが、以前にくらべて格段にうまくなっていたのは驚きました。

敗者復活でのゲス男ネタは女性票を逃すのではないかと思いましたが、それ以上に面白さが評価されたようです。

銀シャリは下馬評トップのプレッシャーに打ち勝った形でした。

とにかく一本目を乗り切ろうという迫力が伝わってきました。

スーパーマラドーナは相当腕を上げていました。

若手から中堅に脱皮したのがよくわかります。

あと二人のキャラを逆手に取ったネタもうまいと感じました。

 

そのほかのコンビもいずれ劣らぬレベルではあったんですが、差は運くらいです。

失敗したのはスリムクラブくらいですね

M-1に出てトップとらなくてもそこそこの地位は築いているので普段のネタをもってきたのかもしれませんが、劇場との温度差でつまづいたんでしょうか。

 

◆最終決戦

というわけで、スーパーマラドーナ、和牛、銀シャリの3組で最終決戦が行われることになりました。

銀シャリが優勝となるんですが、振り返ってみましょう

 

1.スーパーマラドーナ

決勝3組の中では一番会場にはまっていましたね。

一時期のキングコングのような息のピッタリ具合でした。

東京ポッドで手数論が言及されたことがありました(ラリー遠田の手数論はパクリです)

スーパーマラドーナのネタは手数論を地で行く感じ。

本ネタのほかにサブネタをどんどんぶっこんでいく様子はさすがでした。

上沼恵美子さんが笑いをこらえているような表情だったのがちょっと「??」でしたが

 

2.和牛

一本目と同じパターンの男女ネタ。

過去にはパンクブーブーが同じパターンで優勝しましたが、今回の和牛は今一つ。

面白くなかったのではなく、同じ構成のネタをやるなら、一本目にかぶせるあざとい感じとかがあってもよかったんですよね。

まじめすぎたかも。

つか、和牛のネタは今回3本とも男女の恋愛ネタ。まだブレイクスルーできそうなので今後に期待したいです。

 

3.銀シャリ

さて、問題は銀シャリです。

お茶の間(古)的には一番笑えなかったのではないでしょうか。

ネタがちょっと無理ありましたよね。

鰻くんのボケがしんどいです。

別に国家プロジェクトでもないので、何があってもいいんですが

銀シャリ押しすぎたかもしれません(笑)

もちろん、ネタの構成とか、ボケ突っ込みのバランスとか

審査の要素はいろいろあるので、そこらへんは私にはわかりませんけど。

審査員のみなさんが悩んでいたのは、ひょっとしたらスーパーマラドーナと本命の銀シャリとのネタの差だったのかもしれません。

 

◆まとめ

銀シャリおめでとうございます。

としか。

みなさんからのコメント、ブックマークおまちしています(笑)

引き続きよろしくお願いします。

 

 

 斎藤さんだぞ

 

 

【串田氏続報】地震は12月6日あたりに延期!

きょうはM-1の日です。

 

さて、続報を書かないわけにはいかない状況に追い込まれてきました。

12月2日に地震があるかも!とおっしゃっていた我らが串田センセ。

地震が起こる条件が整わず、延期になっております。

こんどは6日+-2日。

本日も誤差の中に入っているんですが、だんだんその範囲が広がってきているのが気になります。

くわしくはこちらをごらんください。

中身は本を読まないとわからないそうですが。

http://www.jishin-yohou.com/1778zokuhou189.pdf

 

なんかまあその、もうちょっとで地震が起こるという状況にあるようなんですが

(観測のデータ的に)

個人的には起こってほしくないのが正直な所。

M-1中に緊急地震速報が来ないことを祈っております。

 

引き続きよろしくお願いします。

 

アイリスオーヤマ 防災グッズ 家具転倒防止伸縮棒 M 高さ40-60cm ホワイト KTB-40 2本入

アイリスオーヤマ 防災グッズ 家具転倒防止伸縮棒 M 高さ40-60cm ホワイト KTB-40 2本入

 
テレビ専用耐震マット【液晶テレビ・プラズマテレビの転倒・落下を防止!地震対策】(TBM-7699)

テレビ専用耐震マット【液晶テレビ・プラズマテレビの転倒・落下を防止!地震対策】(TBM-7699)

 
非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

 
井村屋 えいようかん 5本

井村屋 えいようかん 5本